top of page

卒業生の声

REVIEWS

人材会社経営

30代・男性

お金の家庭教師®を受講してみて

絶対に大事だけど苦手で避けてきた「お金」「経済」と向き合える貴重な時間でした。

 

得たものは、

 

・お金と経済を学ぶ習慣ができた

・自身のお金の現状の解像度が増し漠然とした不安が消えた

・今後何をすべきかが明確になった

 

ことです。

 

個人にカスタマイズして柔軟に講義してくれる点も大変助かりました。

もっとこの講座が広がってほしい。

特に印象に残っているワード

金融の握力→例えがわかりやすかった

ストックで考えろ→お金、価値の捉え方が変わった

人間関係はBS→その捉え方してなかった

インフルエンサー

30代・女性

お金の家庭教師®を受講してみて

きっかけ

・言われた商材に入金して、知識なくしてお金は増やせないということを実体験でしたから

・いままで思考力だけを教育にしていたが、金融教育をセットにしないと生徒の現実は変わらないと気づいたから

・自分の商材(コンサル)をリニューアルあるして再スタートしたかったから

・お金の苦手意識を払拭して、コントロールできるものにしたかったから

講座終了

・証券講座の開設

・s&p500の購入(とりあえずやってみた)

・スマホの中に金融情報が自然とはいる仕組みになった(Twitterアラート、インスタ、アドワーク公式LINEなど)

・お金の管理に対して前向きな興味、自分から情報を取るのが楽しい状態に変化した(このマインドの変化が一番大きいですね!)

・まともに貯める気になった(いままでは気が向いたら貯めて、貯金額の決め事をしてなかった

 →毎月収入の10%貯金、生活防衛費+余力貯金と差別化、口座の分別)

・脳みその中でここにいくら使ったら、あっちは削ろうというように金銭感覚が身についた

・お金に自信つくと、まともなお金の話が多く入ってくる(そんな気がしてる)

特に印象に残っているワード

・金融商品がどういう後ろ盾で販売されているかの見極め(金融庁管轄、個人、民間法人)

・人的資本→B/S高くなればP/Lに降り注ぐ

・お金を使うマイルール

会社経営

50代・男性

お金の家庭教師®を受講してみて

まず感じるのは、「安心感」でした。

「お金の家庭教師®」さんでは、金融商材を取り扱うのではなく、「お金の知識」を取り扱っています。

そのため、「何か商品を売られるのでは?」「何かに勧誘されるのでは?」という不安がなく、最初から最後まで素直にお話しを聞くことができました。

これまで、「投資」「資産形成」の話で幾度も痛い目に遭ってきた私は、「投資」=「うさんくさい」という概念がとても強かったのですが、

お金の家庭教師​®を受講することで、そして素直に聞くことが出来たことによって、投資には王道と覇道、邪道と外道、中道があることを知ることができました。

まずは、確かめることが大切ですね。

特に印象に残っているワード

・諭吉に働かせる/諭吉を出稼ぎに行かせる

・時間は資産=複利の活用

・信じるな、疑うな、確かめろ!

その他

「資産形成」「投資」は生き方や生き様そのものである、と知ることができました。

生き方にも王道・覇道・邪道・外道があり、みなそれぞれを選択していくのだと思います。

だからこそきっと「正解」はないのですが、 「あとはあなた次第」で終えるのではなく、

お金の家庭教師®さんでは、「資産形成」「投資」のひとつの正解「王道」を明確に指し示してくれます。(バケツをつくっていく理論)

ひとつの正解を指し示す態度に感動しました。

人材会社勤務

30代・女性

お金の家庭教師®を受講してみて

お金の家庭教師®を受講してみて

正直、お金について教えてくれる人は「怪しい」という印象を持っていたので、

初めは全く乗り気ではありませんでした。(ごめんなさい)

 

無料相談で惜しみなく情報を開示していただき、

たった1時間でワクワクが止まらなくなり、「学びたい!」という気持ちが湧いてきました。

Zoomを切った後、「やろう!」と即決したことは自分でも信じがたい気持ちの変化でした。

 

勉強するにあたって、何から手を付けたらいいかわからない私に、先生がおすすめしてくれたのはまさかの漫画。

とても読みやすく世の中の仕組みも少しづつ理解できるようになりました。

 

情報収集するのに良いツールも教えていただき、

自分で考える力もついてきたように感じます。

 

終盤にはNISA口座を開設し、ついに投資も開始しました!

自分で考えて納得して購入したので怖さはなくなっていました。

これからも引き続き、勉強を続けながら資産形成を行っていこうと思います。

特に印象に残っているワード

「自走できるように」

誰かに勧められたものを鵜呑みにするのではなく、自分で情報収集し、考えて、納得して行動に移すことで投資に対する怖さがなくなると実感できたから。

 

「諭吉に出稼ぎにいかせる」

幼少期から銀行口座に貯金することが正しいと思ってきた私にとって、衝撃的なワードでした。

擬人化することで出稼ぎ先をイメージしやすく、行動に移すようになったきっかけともいえます。

 

「良くても悪くてもやり続ける」

悪くなると気持ちに余裕がなくなりがちだが、私は長期的に資産形成を行っているので常にこの考え方でいればいいと思える魔法の言葉だから。

主婦

50代・女性

お金の家庭教師®を受講してみて

約半年、今まで知らなかったお金に関する勉強が出来て感謝しています。

銀行や郵貯に普通預金して年0.003%〜0.07%の利率が当然だった私たちには、すべてが驚きの連続でした。

でも受講中の半年の間に実際に行動を起こすことができて、今は夫婦で未来生活のシチュエーションが描けた事が大きかったです。

特に印象に残っているワード

「諭吉の出稼ぎ」

「5つの力を持つ強さ」

「マネーフロウ活用」

個々に合う資産形成の作り方で我が家に合ったプランがわかり、これからの生活に生かしていけると思ったから。

外資系製薬会社勤務

50代・女性

お金の家庭教師®を受講してみて

受講のきっかけは、自分がどんぶり勘定でしかお金を考えられず、これでは老後の資金がアブナイと思ったから。

受講後は、まず、自分の支出の癖を自覚できるようになりました。

つまり、何が自分にとって(客観的にはどんなくだらないことであっても)必要な支出でいるか、他方、何がもったいない垂れ流しの支出なのかを、  

それぞれ見極められるようになりました。今後は、もったいない支出分を「諭吉に出稼ぎに行ってもらう」という使い方に変えていきます。

特に印象に残っているワード

「諭吉に出稼ぎに行ってもらう」

ただただ手元で貯めなければ、という、私の内心にあった、お金に関する考え方のブレーキが、取り払われました。

 

「バケツの図」

自分を取り巻くお金の流れを、初めて理解できた図です。それを自分で描く過程も、とても大きな意味があると腹落ちして理解しました。

 

「小さくても続ける」

これは、子供でもわかる簡単な文章なのに、私は全く実践できていませんでした。

人は、運用や投資、という言葉からは、コツコツ続ける、というイメージを抱きにくいものだと思いますが、

投資の真髄とは、小さくても続けることにある、ということも、腹落ちして、納得でした。

その他

まずは、自分を取り巻くお金と、お金に対する自分の向き合い方を学ぶことができました。

情報過多の中、溺れ気味だった心が、整えられたように感じています。

またまだ続けて勉強します!

特に印象に残っているワード

老後を考える年齢になり、肉体的・精神的・経済的などの不安な要素がたくさんあったが、

お金の家庭教師®を受講し、毎回冨田さんから格言を学び、生活内容などを振り返り、私たちならではのプランが作成できた。

この時期に冨田さんに出逢えたことに感謝します。

60代・男性

お金の家庭教師®を受講してみて

お金の家庭教師®を受講して、今まで金融リテラシーが全くなかったので、正直なところ金融商品などのことを考えるのは面倒でした。

それが自己資産の運用が必要となり、インターネット等で色々調べたことで以前より身近に感じられるようになりました。

お金の家庭教師®が良いきっかけとなりました。

特に印象に残っているワード

「ドルコスト平均法」

「時間を味方にする」

「お金を働かせる」

(今まで、利息が高い、低い程度しか考えていなかった)

60代・男性

お金の家庭教師®を受講してみて

得たものや成果:自分の考えていた投資方針で将来も問題ないことが確認できて安心した。

特に印象に残っているワード

ワードではないですが、

最後の住まい(老人ホーム):そういうことも考える必要があることを認識したから。

製造業 管理職

50代・男性

お金の家庭教師®を受講してみて

最初は今まで耳にしたことが無い言葉が多くて困惑することもあったが、回を重ねるごとに少しずつ理解できるようになった。

ただ、お金の家庭教師®だけではなく、自身でも勉強しなければならないとも改めて感じた。

特に印象に残っているワード

「諭吉をニートにしない」

「諭吉を出稼ぎに行かせる」

といった言葉が本当にささりました。

 

 50年以上生きて来て、こういった観点でお金と向き合うことが無かったので、冨田さんにはこれからの人生に、より良いきっかけを作っていただいたことをとても感謝しております。

会社経営

30代・女性

お金の家庭教師®を受講してみて

私がお金の家庭教師®を受けようと思った理由は大きく分けて3つありました。

 

①去年パートナーと結婚し、生計(衣食住)を共にすることになったので、老後も安心して過ごせる家計の資産運用を学びたい

②今年法人化を考えているので、社長としてのお金のマインドや最低限の基礎知識を学びたい

③パートナーのお金のブロックや今のマインドが変わって2人で資産形成をしていく流れにしたい

 

結論、お金の家庭教師®を受けて、上記がすべて叶いました。

そして想像を超える量のお金や人生に関する知識量がグッと増えたことにも非常に感動しています。

 

一番驚いたことは、パートナーのマインドが180%変化したことです。

私自身、数年前は特にやりたいこともなく、暇だったのでFP3級を取ったのですが、

同じタイミングでNISA投資やロボアド投資なども少額で行ってました。

 

お金を銀行に置いとくのはもったいないというのも知っていたので、パートナーにも投資の必要性を説明していたのですが……。

NISAやIDECOに興味はあるものの、調べるだけで全く行動できていませんでした。

そのパートナーが最後の授業の前日に、いま円安だし平均株価も下がってるから今のうちに余剰資金を投資信託しといたほうがいいよ。

お金を置いとくのもったいないよ!と言い出し、この言葉が自発的にパートナーの口から出たのに感動しました。

 

お金のことを教えてくれると聞くと、「この投資がいいですよ」「このFXが狙い目です」というような情報をくれるイメージを持つ方もいるかもしれません。

お金の家庭教師®では、保険商品は絶対にこれがいいよ、投資だったら絶対にあれをやったら儲かるよとという話はしません。

「これどう思いますか?」という質問には的確にお金の家庭教師®からの視点で答えてくれます。

日本経済や世界のことも教えてくれ、合理的に考えた上でやるかやらないかの判断は全て委ねてくれます。

情報に惑わされず、自分の力で考える力がつきます。

「信じるな、疑うな、確かめろ」

お金の家庭教師®で教わったこの言葉を胸に刻み、これからも堅実で確実な資産形成で金的資本を増やしながら、家計と資産運用を人的資本を上げ、PLを高めた会社経営と、人生の設計を続けていきたいと思います。

特に印象に残っているワード

「信じるな、疑うな、確かめろ」:どんな時もこの言葉を思いだして、情報を自分から選べる人になっていきます。

PLを高くする:経営者としてのマインドを学んだ言葉です。

スタグフレーション:今の日本を表す言葉で、資産運用をやる意味を再確認しました。

実績

ACHIEVEMENT

◇講義/主催セミナー実績500回以上

◇お金の家庭教師卒業生130名以上

◇外部セミナー講師実績

・システムエンジニア派遣会社@水道橋

・飲食店@有楽町(従業員30名)

・東証一部製薬会社の労働組合オンラインセミナー@京都(従業員50名)

・転職エージェント会社外部マネースクール講師(従業員10名) など...

​推薦のことば

RECOMMENDATION

推薦のことば_土屋佑介
推薦のことば_土屋佑介

press to zoom
推薦のことば_山本優子
推薦のことば_山本優子

press to zoom
推薦のことば_朔省二
推薦のことば_朔省二

press to zoom
推薦のことば_土屋佑介
推薦のことば_土屋佑介

press to zoom
1/8
bottom of page